「ほっ」と。キャンペーン

合同公演を終えて。   

稚魚の会・歌舞伎会合同公演、無事千穐楽を迎えることができました。
四日間大盛況の内終われましたのも、皆様の御後援のおかげと厚く御礼申し上げます。
そして、懇切丁寧にご指導して頂いた先生方にも心から、感謝致し、御礼申し上げます。

さて今回の自分を振り返って自分に一言、「よく動いたなっ!」
ですかね。やはりこの踊りのベースは体力!この体力が無ければ、思ったとおりのパフォーマンスは望めませんからね。
歌舞伎というのは、ほとんどが二十五日間公演。この一ヶ月の公演を毎日健康に無事勤め上げなければならない。その健康管理や体力作りも仕事の内!
この四日間を終えて思うことは、一ヶ月間踊りきれる力は自分にあるのだろうか?ということかな。
やはり毎日大役をなされてるかたは、一日に何役も大変な役をこなしている。それもぼくなんかよりも年がずーっと上だったり。
改めて幹部役者の方々の大変さを実感しました。

でもここ最近の勉強会では息のあがる演目が多いせいもあってか、割と楽な気分で舞台にあがることできてきたように思います。
最初の頃は、浴衣を着ての普段のお稽古ではいいのですが、衣装をつけ、かつらをつけた舞台稽古になると、思ったようには全然動けなくなってしまうんですよ。
その原因は、照明!!この照明のおかげで舞台は華やかに見えるのですが、役者にとっては暑くて苦しいもの。この暑さに慣れないうちは、熱中症になるんじゃないかと思うほど意識が朦朧になりましたね。
今ではその照明にも慣れたのか、今回の舞台稽古ではそんなこともなく踊りに集中することができたので、ちょっと進歩したんでしょうか。

さて勉強会の余韻に浸る間もなく、明日から、中村勘三郎襲名披露公演の巡業後半戦が始まります。七月と同じ演目という事で、お稽古も無く明日ぶっつけ本番!?
ちょっと心配だから昨日三社祭が終わってから、小金吾の立回り、浚っちゃいました。
明日は松戸での公演で近場ですが、31日から約一ヶ月間東京には戻りません。
久し振りにグルメな情報も満載にしていきますのでお楽しみに!
[PR]

by kunikuni-928 | 2006-08-29 00:13 | kuniya diary

<< 公文協西コース、初日! あっという間に千穐楽。 >>